ダンボールコンポストに挑戦トップ >>

ダンボールコンポストに挑戦へようこそ!

ダンボールコンポストに挑戦へアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボールコンポストに挑戦

ダンボールコンポストという言葉を最近よく耳にします。エコという言葉と共にジワジワと浸透してきましたが、その理由は誰にでも簡単に出来る環境対策だからなのです。

箱の中には生ゴミを分解させるための基材と炭を入れます。そして、この中に毎日生ゴミを入れるだけという簡単さなのです。

基材と言っても外部から菌を入れるのではなくて、野菜くずや基材に付着している様々な微生物が自然に生ゴミを分解して堆肥化するしくみとなっているのです。

そして生ごみ処理機のように電気を使用しないので、ダンボールコンポストは電気代もかかりません。

そんなダンボールコンポストにも欠点があります。それが、耐久性なのです。その問題さえクリアできれば、これほど環境に適合した生ゴミ処理は他に無いのではないでしょうか。

ダンボールコンポストは、ダンボール箱と2種類の土壌改良材さえあれば簡単に出来るのです。

特別な容器や機械を購入する必要がないというのも大きなポイントです。土壌改良材はホームセンターや園芸店などでも1,000円~2,000円程度で販売しています。

なぜダンボールがコンポストとして適しているのでしょうか。それは、容器として使用するダンボール箱が安価かつ入手が容易である点と、堆肥化に必要とされる保温性と余剰水分を壁面から排出できる水分調整機能を持ち、経済面と機能面で優れているのです。

一般的な使われ方をご紹介しますと、ダンボール箱の底と四隅をガムテープで止め、底に底と同じ大きさのダンボールを敷き、金網の上に置くのです。

コンポストキャップがあれば、それをかぶせます。

そしてダンボール箱のフタをたて、周囲をガムテープで補強。箱の底には新聞紙を2日分ぐらい敷くだけなのです。

コストもそれほどかからず,もちろん堆肥としても使用できるのです。

ダンボールコンポストに挑戦記事一覧

ダンボールコンポストに挑戦

ダンボールコンポストに挑戦

色々な用途につかえるダンボール

ダンボールコンポストとエコ

ンボールコンポストの作成と利用

ダンボールコンポストの楽しみ方

コンポスト

当サイトについて

ダンボールコンポストに挑戦は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:コンポスト 分解

ビートモスともみがらくん炭を3:2の割合で入れるようにしましょう。1日約500gを目安として、生ごみ・・・